女性の抜け毛を改善する育毛剤

女性育毛剤の種類、選び方

育毛剤を見ていると、薬用育毛剤と書かれた育毛剤が多くあります。ここでは薬用育毛剤の特徴や育毛剤選びのポイントについて紹介します。



・薬用育毛剤とは?
薬用育毛剤とは、医薬品と化粧品の中間のようなところに位置付けされている、医薬部外品の育毛剤のことです。 医薬品の育毛剤に比べて、効果の現れ方は穏やかであるものの、有効成分が含まれています。そのため、継続して使用することで育毛効果を期待することができます。

また、医薬品と違い、副作用などのリスクを伴う強い成分を含んでいません。また、購入の際に医師や薬剤師による処方箋などを必要としません。 ネット通販で気軽に購入することができますが、購入前には成分をよくチェックして選ぶようにしましょう。頭皮に刺激の強い成分は含まれていませんが、敏感肌の場合は香料やパラベン、石油系界面活性剤などの添加物が入っていないタイプがおすすめです。


・化粧品タイプ育毛剤とは
化粧品タイプの育毛剤には薬品に該当するような成分を含んでいません。 育毛効果の期待できる色々な天然成分が含まれており、髪や頭皮に優しいといえます。 香料や着色料など、人によってはアレルギー反応を起こしてしまう成分が含まれているタイプもあります。そのため、購入前には成分表のチェックする事が大切です。 また、有効成分が含まれている医薬部外品の育毛剤に比べて、効果が表れるまでに時間がかかる商品が多いと言えます。


・育毛剤の選び方
薄毛対策には化粧品タイプよりも薬用育毛剤を選ぶほうが良いと言えるでしょう。 また、薄毛になった原因は人によって違います。育毛剤に含まれる成分はそれぞれ違ってくるので、自分にあった使用する育毛剤を選ぶことをおすすめします。

産後育毛剤

化粧品に分類されているいわゆる普育毛剤は効果が出るまで時間がかかります。 医薬部外品の育毛剤は天然成分なども配合し、無添加にこだわるタイプが増えています。髪が傷んでいる方や頭皮などの弱い方には、無添加育毛剤がおすすめです。医薬品タイプにはミノキシジル配合のリアップがありますが、頭皮に刺激が強めです。敏感肌の方や血圧に異常がある場合は、医薬部外品タイプの育毛剤がおすすめです。

2016年7月 8日|

女性育毛剤のメリット、デメリット



薄毛に悩む女性の多くが、対策としてまず使い始めるのが女性育毛剤です。 しかし女性用育毛剤は安いものではないので、使うべきなのかどうか迷ってしまう方も多いようです。 女性用育毛剤には薄毛を改善するだけではなく、頭皮を健やかにするなど、さまざまな効果があります。ここでは女性用育毛剤のメリットとデメリットを解説します。


・女性用育毛剤のメリット
育毛剤は髪を育てるための成分が配合されていますが、その成分の中には髪の成長を促すだけではなく、成長しやすい環境を整える成分なども入っています。 女性の場合、単に抜け毛が多くなって薄くなるというより、ホルモンバランス、頭皮の乾燥、栄養不足のせいで髪がやせ細ったりして全体的に薄毛が引き起こされます。

頭皮の乾燥やダイエットなどによる栄養不足は、髪が細くなるだけではなく、ぱさつきや切れ毛などのトラブルにもつながります。 女性用育毛剤には、頭皮環境を改善する保湿成分、血行促進成分、細胞活性化成分、ハリやコシのある髪を育てる美容成分などが配合されています。育毛をサポートするだけではなく、髪や頭皮を健やかにしながら美しく育てることができるというメリットがあるのです。


・女性用育毛剤のデメリット
女性用に限らず、育毛剤というのは効果が出るまでの期間が長いというデメリットがあります。 薄毛は頭皮ダメージや栄養不足で起こるものではなく、加齢によるホルモンバランスの乱れ、ストレスや栄養が不足することで起こるのですから、ちょっと栄養を与えたぐらいで解決できないのは当然とも言えます。

女性用育毛剤は高額な商品もありますから、効果が実感できないまま使い続けるのは不安もあるでしょう。 しかし、安すぎる育毛剤は基本的に有効成分の含有量が少ないので、経済的な負担は少なくても、効果も少なくなるのが一般的です。

女性用育毛剤は最低でも3ヶ月から6ヶ月は使い続けないと効果が感じられないと言われます。これも個人差があるので、中には1年ほどかかることもあります。いつ効果が出るのか分からない、すぐに効果が実感できないというのがデメリットです。


・使うべきか、使わないべきか
使った方が良いのかどうかは個人の判断ですが、効果が出るまでに時間がかかるとしても、使うべきと言えます。薄毛を実感しているのに女性用育毛剤を使わないと、薄毛が進行してしまいます。育毛剤を使うだけでなく、ストレスの軽減や食事、睡眠などの生活習慣も大切になります。

2016年5月29日|

女性育毛剤「ハリモア」で抜け毛対策



年齢を感じてきたなぁと、お肌や髪の毛に感じていても、あまりにせず過ごしてきたという女性も多いものです。しかし、長年ロングヘアを保っていて、なんの拍子かふっと鏡を見てみると、額が異常に広がっているのを発見すると、焦ります。 そこで育毛剤を考えることになりますが、どんな育毛剤が良いのか分かりません。 そんな時には口コミやレビューでも好評な薬用ハリモアを使ってみましょう。


・美容育毛成分が99,7%も入っている

育毛成分が99,7%も入っているのが薬用ハリモアの特徴です。 しかも美容成分を豊富に配合しているので、女性の髪の毛には嬉しい作用が起こります。 またフケ、かゆみ予防や血行促進のためにセンブリエキスやニンジン、グリチルリチン酸の薬用成分が配合されています。

育毛を促進するだけでなく、美容成分により頭皮や髪の毛をケアすることも可能です。 広い額になんとか効果を出したいという場合、スプレータイプの薬用ハリモアは生え際に吹きかけることで毛根を刺激し、毛母細胞の活動再開をしっかりサポートします。


・16種類の天然由来成分を配合

頭皮のスキンケア成分もたっぷり配合した薬用ハリモアは、髪の毛のダメージをコーティングして優しく守る役割もしてくれます。 プレミアムツバキオイル、ホホバオイルはもちろん、抜け毛にアプローチすることが出来る大豆オイルなどが配合されています。 茶エキスは雑菌繁殖を予防するのに役立ってくれます。

またトマトエキスやグレープフルーツエキス、キイチゴエキス、カロットエキス、オレンジ果汁などの保湿成分、炎症を抑えるワ葉エキス、代謝を良くする海藻エキスにグルコシルヘスペリジンなども配合。さらに、加水分解シルク、大豆リン脂質、黒豆エキスなども配合されており、頭皮ケアをしながら、育毛をサポートしてくれます。

年々広がっていくおでこに対してはジェット式のスプレーを使って、毛根にアタックします。 独自のナノ化技術で浸透力が良いので、スーッと育毛成分が浸透してゆき、毛根にアプローチすることが出来ます。

2016年5月14日|

ストレスと薄毛対策



●円形脱毛症
円形脱毛症という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか? 自覚症状がないのに気づいた時には10円玉の大きさにもなる円形の抜け毛が出現しているという円形脱毛症はストレスによる抜け毛の代表格と考えられています。 もっともストレスと円形脱毛症の関係が医学的に明確に解明されているわけではありませんので、ストレスのみを脱毛の原因とは断定できません。 現に円形脱毛症は数が少ない場合は放っておいても自然に治癒することも多く、人によっては本人が気づかないうちに治ってしまうこともあるようです。

最近では円形脱毛症は自己免疫性疾患が大きな要因だとわかりました。自己免疫性疾患とはリンパ球が暴走し、毛母細胞に攻撃をしてしまう症状です。その結果、円型に抜け毛が発生してしまいます。円形脱毛症の治療にはステロイドを使用し、免疫を抑制するのが一般的です。

●ストレス対策と頭皮ケア
原因がストレスによる抜け毛とはっきりしていれば、そのストレスをなくしたり減らしたりすることで抜け毛が解消するはずですが、なかなかうまくいきません。 これはストレスで悪化した頭皮の状態や体調がすぐに改善するとは限らないからで、変化してしまった頭皮の状態に合ったケアをしなければ抜け毛は増えてしまうこともありえます。

頭皮に刺激が少ないアミノ酸シャンプーに変えたり、頭皮の血行をよくする頭皮マッサージや首の保温などはすぐにできるケアですし、生活を変えて体の中から頭皮の状態や体調を整えることも有効です。 頭皮の皮脂が適切になるように脂っこい食事を控えて髪を丈夫に育てるビタミンやミネラル豊富な食材を食事に取り入れ、睡眠時間もまとめてとりましょう。睡眠をとりつつ、適度な運動やストレスを解消する休息も大切です。

一時的に抜け毛がひどくなったとしても頭皮を健康的な状態に戻すことができれば、抜け毛は改善します。 すぐに効果が実感できるものではないので、くれぐれも抜け毛によるストレスで頭皮の状態や体調を悪化させないでくださいね。 ストレスをうまく受け流しながら根気強くケアしていけば、抜け毛は改善されるでしょう。毛髪の生成には血流改善も欠かせません。血流改善作用のある女性用の育毛剤を使用する事をはじめ、血行促進作用のある青魚、納豆、食物繊維などの栄養分もしっかり摂る事が大事です。また、ホルモンバランスを改善する大豆イソフラボンなどもおすすめです。

2016年2月19日|

育毛対策と頭皮ケア

女性の育毛対策では頭皮ケアも重要です。シャンプーやストレスなどによって頭皮が荒れると、フケやカユミ、炎症を引き起こします。その結果、毛穴が詰まって髪の毛の成長力が落ちてしまいます。



頭皮ケアでまず気にしたいのがシャンプーです。洗浄力の強いシャンプーは頭皮にダメージを与えます。特に乾燥しやすい頭皮にとって、強い洗浄力はフケ、痒み、炎症の原因になります。頭皮が乾燥すると、外部刺激を受けやすくなります。そこでおすすめなのがアミノ酸シャンプーです。アミノ酸は適度な洗浄力で汚れを落とし、毛穴を清潔にします。

あとはヘアカラーなどにも注意が必要です。カラーで使う染料やパーマ液が頭皮に浸透してしまうと、毛根にもダメージを与えます。また頭皮が炎症を起こし、髪の毛の成長力も低下することがあります。カラーやパーマは期間をあける事が重要です。

頭皮ケアをしながら、育毛剤を使用することが薄毛対策になります。育毛剤で人気なのはマイナチュレ、ベルタなどです。これらの育毛剤は無添加にこだわっています。頭皮にダメージを与える香料、鉱物油、パラベン、合成界面活性剤は無添加です。また、炎症を抑制し、頭皮に潤いを補給する植物エキスをたっぷり配合。頭皮環境を整えつつ、血行促進成分で毛根を活性化します。

2015年2月22日|

血流を改善して抜け毛対策

女性の薄毛、抜け毛対策では血流を改善する事が重要です。育毛剤によって頭皮の血管を拡張することは、毛根の活性化を促進します。さらに、日頃の生活習慣の改善で体の血行を良くすることで、栄養分をしっかりと毛乳頭まで運ぶ事が重要です。



血行促進でまず行いたいのが運動です。運動の中でも有酸素運動は血流改善を促進します。有酸素運動といえば、ウォーキング、ジョギング、水泳などがあります。まずは30分程度のウォーキングを継続する事をおすすめします。ウォーキングをすることで心肺能力があがり、血行はよくなります。背筋を伸ばし、腕を振りながら早歩きくらいのペースで行うと効果的です。

睡眠も非常に重要です。血液の栄養は睡眠中に皮膚の細胞に流れます。起きてる間は内臓が優先されるため、髪の毛の成長は寝ている間に起こります。仕事などで睡眠時間が取れない事もありますが、6時間程度は睡眠を取ることをおすすめします。睡眠時間が短い状態はストレスを引き起こし、血管の収縮の原因となります。

食事についても非常に重要です。まず揚げ物やお肉などの動物性タンパク質を摂り過ぎると血行不良を引き起こします。血流を改善する食事としては食物繊維がおすすめです。食物繊維は血中コレステロール値を下げる作用があります。その他に青魚もおすすめです。青魚にはEPA,DHAと呼ばれる血流改善作用のある不飽和脂肪酸が含まれています。その他に血流改善作用のあるαリノレン酸を配合したクルミ、血栓が出来るのを防止する納豆などもおすすめです。

最後は喫煙です。タバコに含まれるニコチンには血管を収縮する作用があります。さらに活性酸素が発生し、細胞や血管にダメージを与えます。活性酸素を阻害するためにビタミンCが消費サれるなどのデメリットもあります。できれば禁煙をおすすめします。ストレスがある場合は減らす事をおすすえめします。

2014年12月23日|

生薬100%の育毛剤で抜け毛対策

昔は髪の毛の量が多くて太いのが悩みで、どうやって髪を減らすかなんてことに注力してたんです。それが40才過ぎた今じゃ、分け目の地肌が気になるようになり、髪のボリュームも全体的に減ってきて、若い頃の太くてハリのある髪の毛が嘘のような状態になってきました。



一番心配だったの髪の抜け毛が増えてきた事で、シャンプーした後の抜け毛の量には危機感を感じていたんです。それで、女性用の育毛剤を使ってみることにしました。 女性用の育毛剤もたくさん出ていてどれを選んでいいのか解らなかったので、とりあえず成分的にも安心できて、香料や石油系合成界面活性剤などが入って居ないものを探していました。

そこで使用し始めたのがWAKAという育毛剤です。 生薬100%の育毛剤で、何となく効果がありそうだなという気がしたんです。 ふたを開けたときにやや生薬の香りがしますが、頭皮に付ける頃には全く香りは気にならなくなります。 サラとしててい使いやすいし、これを使って頭皮マッサージをすると、とても心地いいのが気に入っています。

生薬として甘草エキス、センブリエキス、ニンジン、冬虫夏草などが使われています。水で薄めることなく、生薬だけを高濃度で配合しています。血流改善作用があり、栄養分をしっかりと毛根に送る働きがあります。使用すると頭皮が少し暖かくなる感じがします。女性育毛剤についてより詳しくは女性育毛剤ガイドが参考になります。年齢別におすすめなども紹介しています。

時間が経ってもべたつかないし、頭皮に刺激も感じないしトラブルは全くなく使えています。 効果らしい効果はまだ現れていませんが、抜け毛は少しずつ減ってきているように思います。 使い心地の良さと抜け毛予防になるなら、継続利用もいいかなと考えています。

2014年11月 7日|

育毛剤での薄毛ケア

女性の場合、男性とは違ってはげることはないものの、全体的な髪の量が減少してしまいます。 女性の薄毛は休止期が長いという特徴があります。男性の場合は男性ホルモンが原因で、成長期が短くなります。 髪が全体的に薄くなってきたことを感じた時には、女性用の育毛剤を使用してケアを行ってみるとよいでしょう。

女性の薄毛の場合、頭皮の乾燥や栄養不足、血行不良が原因で起こっているケースが多くなっています。 この原因を取り除くためには、頭皮に豊富な栄養を与える必要があるのですが、女性用育毛剤の中には豊富な栄養成分が含まれていますので、使用することで乾燥による薄毛を改善できるようになるのです。またセンブリなどの血流改善成分が血管を拡張してくれます。

薄毛に悩んだ時には育毛剤を使用することで細くなった髪を元気にしたり、育毛効果を得られるのですが、使用する時には無添加のものを優先的に選ぶ必要もあります。 無添加の育毛剤を選べば、頭皮に刺激を与える心配がなくなってきますので、元々お肌の弱い方でも安心して使用できるようになるのです。香料や合成界面活性剤、鉱物油、パラベンなどは頭皮に刺激を与えます。

とくに、化粧品で肌荒れしやすい方についてお肌にかかる負担を抑えながらケアを行っていくことができるでしょう。女性で育毛したいときには、商品に含まれている成分をチェックしてみるとよいです。今売れている女性育毛剤ではマイナチュレが無添加タイプで人気です。

2014年8月28日|

女性の抜け毛を抑制する方法

若い頃は髪の毛の量が多く、コシのあるしっかりとした髪質が特徴だったのですが、年を取るごとに抜け毛が多くなってきた事に気づきました。血行不良やホルモンバランスなどの原因だとおもわれます。

20代後半から洗髪時に髪がごっそりと抜け落ち、1回でかなりの量が排水溝に溜まってしまいます。 それと、ドライヤーをかける時などもたくさん髪の毛が床に落ちています。 これは、何か対策をしなくてはと思い薄毛対策を色々調べました。 育毛剤なんて男性だけだろうと思ってましたが、女性も薄げ対策に育毛剤が数多く販売されていると知り、私なりにネットなどで調べて、薄毛対策を行っています。



薄毛、抜け毛対策で重要なのが、紫外線になるべく頭皮を当てない事です。特に夏などは帽子を被るなどの対策をしています。 頭皮が紫外線に当たると抜け毛の原因になるという事を聞きました。

山登りが趣味なので、夏山などにはよく出かけるので、その時も必ず、帽子を被り、紫外線対策をしっかりしています。 頭皮の毛穴に皮脂が残っていると抜け毛の原因になるという事なので、シャンプーも毛穴の皮脂をしっかりと取り除いてくれるシャンプーに切り替えました。

すると、確かに、以前のシャンプーの時はシャンプーをしても、何だか頭皮の臭いが残っていたのですが、シャンプーを変えてからは臭いも消えて、さっぱりとした洗い心地にになりました。 そして、女性育毛剤も投入しました。3ヶ月ほど使っていると抜け毛の量も減ってきたように思います。 ハゲてからでは遅いので、継続して薄毛対策を続けていこうと思います。

2014年6月10日|

30代女性の薄毛、抜け毛対策

薄毛は男性の悩みだとずっと思っていましたが、女性も薄毛対策をしないと、髪の毛のボリュームがでなくなってきます。特に30代を超えてくると抜け毛が目立って来ることがあります。

子供のころは髪の量が多く真黒でコンプレックスでした。 剛毛で艶もなくサラサラな友人のヘアがうらやましく思っていました。 量が多いのでいつも美容院ですいてもらっていました。

それでも人よりずっと多いのです。髪型も決まらないし嫌でした。 そんな私が薄毛に悩まされるとは想像もしていませんでした。 髪のトラブルに悩まされるようになったのは30代の後半になった頃からです。 まず頭皮の痒みとフケが始まりました。その頃は安い市販のシャンプーを使っていました。 フケ、痒みが出てしまい、頭皮が荒れてしまっていました。

それからはアミノ酸シャンプーに変更し、フケやカユミはおさまってきました。 抜け毛は季節的なものだと簡単に考えていたが、ある日鏡を見て驚きました。 頭頂部がすごく薄くなっていて頭皮が丸見えだったからです。

私はあわてて育毛剤を買いました。 そして薄毛対策にマッサージなどを教えてもらい毎日実践しました。 血流改善の為にお風呂から出たら育毛剤を使用し、念入りにマッサージをしています。 抜け毛が増えないように継続して使用していくつもりです。

2014年6月10日|